• 低身長について
  • 夜尿症について
  • 腎臓病について
  • ドクター紹介
  • クリニックの案内
  • 交通アクセス
  • 出版物&メディア掲載
  • 低身長・夜尿症・腎臓病Q&A
  • 診察時間
  • 専門外来の初診の方は、お電話でご予約下さい。
  • お問合せ
  • TEL.092-522-0505 FAX.092-522-0039
  • 〒810-0014
    福岡県福岡市中央区平尾2-5-8
    西鉄平尾駅ビル3F








私が勤務していました施設は大学病院でしたので、医学部の学生が実習にやってきます。夜尿症外来を見学中の学生から、 時々「私も小学生まで夜尿がありましたが、自然に治りました。夜尿はびょうきですか」との質問を受けたものです。 市民公開講座の時も保護者の方から同じ質問を受けました。読者の皆さんはどうお考えでしょうか。

夜尿症研究の第一人者である帆足先生のアンケート調査では、保護者の方に質問し子どもさんの年齢別の集計では、5~6歳で12.6%、7~8歳で5.6%、9歳以上で8.4%の 方が夜尿は病気ではないと回答されています。 一部ですが病気ではないとお考えのお母さんもいらっしゃいますが90%前後の方は、夜尿は病気であると思っていらっしゃいます。 私も夜尿は病気であり、夜尿症として医学的に介入したがよいとの立場をとっています。 多くが自然治癒するのに、それではなぜ病気として治療したほうがいいのか一緒に考えてみましょう。

病気でなければ健康ということになりますが、学校保健の立場から健康の定義(高石昌弘、学校保健マニュアル) についてお話しします。

健康とは、生活行動に直結した流動的な状態であり、それは身体的、精神的、 社会的な視点から論じられるものである。

健康とは、よりよく生きてゆくための活動性を包括したものであり、それはライフスタイルに基づく年齢的変化を 考慮して論じられるものである。としています。夜尿があるために生じる性格の形成への悪影響や宿泊行事に参加 できないと悩んでいるこども達は決して健康とはいえません。

きちんと治療しなかった夜尿症児の0.5~2%が成人の夜尿症に移行すると言われています。





医学博士、福岡大学元教授
小児科専門医、腎臓病専門医、指導医
日本腎臓学会評議員
日本夜尿症学会理事
日本小児内分泌学会会員
福岡市医師会、腎臓、糖尿病検診部会部長