• 低身長について
  • 夜尿症について
  • 腎臓病について
  • ドクター紹介
  • クリニックの案内
  • 交通アクセス
  • 出版物&メディア掲載
  • 低身長・夜尿症・腎臓病Q&A
  • 診察時間
  • 専門外来の初診の方は、お電話でご予約下さい。
  • お問合せ
  • TEL.092-522-0505 FAX.092-522-0039
  • 〒810-0014
    福岡県福岡市中央区平尾2-5-8
    西鉄平尾駅ビル3F

低身長について

  • 成長の仕組み
  • 低身長とは
  • 検査と治療
  • 治療費の負担
  • お母さん・お父さんへ

子どもの身長はどのように伸びるか

生まれてから思春期を経て大人になるまでに身長は約3倍に成長します。 この間の成長には個人差・性差があり、遺伝因子と、食生活や生活環境などの外部環境因子が影響します。
右のグラフのように、身長は乳幼児期は急激なスピードで成長し、その後は緩徐になります。 そして思春期は、性ホルモンの影響で身長が急速に伸びます。 思春期の成長期以降(男性18歳、女性16歳)は身長増加は極めて少なくなり、大人になると成長は止まります。
これは、この年齢で大腿骨のような長幹骨の骨端線(骨の端と端の隙間)が閉鎖してしまうからです。

子どもの成長に欠かせないホルモン

子どもが順調に成長していくためには、成長ホルモン甲状腺ホルモン性ホルモンの正常な分泌が欠かせません。
これらのホルモンの分泌は、睡眠、運動や精神的ストレスなどが脳内の多数の物質を介して影響を与えます。
適度な運動と十分な睡眠がホルモンの分泌を促進します。同時に骨や肉となる、たんぱく質、カルシウムなど、栄養をバランスよく摂ることが重要なのです。

成長ホルモン 脳下垂体から分泌され、主に肝臓に働きかけて、ソマトメジンCという骨の成長に不可欠な物質を造らせます。
甲状腺ホルモン 骨を成長させる働きがあるため、このホルモンが不足すると、身長の伸びが低下します。
性ホルモン 思春期の急激な身長の伸びと関係し、骨を成熟させる働きをします。

※骨の成長は、成長ホルモンの直接の作用ではなく、ソマトメジンC(インスリン様成長因子Iと呼ばれている)という成長ホルモン依存性の成長因子の合成が促進されます。これが、軟骨への硫酸塩の取り込みを促進して骨端軟骨細胞の増殖を促し、骨を成長させるのです。

  次のページへ